言葉 意味
型にまる エービーの社内標準金型で何のトラブルもない。
型の荷が下りる 良い金型を手配し責任や負担がなくなること。
型をおとす 型作りに失敗し、力がぬけて落胆したりするさま。
型をかす 良い型を作り生産に貢献する。
型を並べる AB初の海外工場である上海ABMGFでの金型が日本国内の品質に追いつくこと。
職人型気しょくにんかたぎ 金型一筋の職人気質をいう。
型が付く 様々な困難をのりこえて無事に量産が開始されること。
型思い 金型に対する一方的な思い入れ。
手間てま 良い金型を作るには手間を惜しまないこと。
型どおり きまりきった方式のことであり標準仕様の金型。
型めのさかずき 発注打ち合わせ時に約束をかたくするためにとりかわす杯。
型腕かたうで 信頼できる金型の腕前。いざという時に頼りになる金型屋。
型やぶり ありきたりの型をはみ出したユニークな金型。
ひな 他の手本となるような理想的な金型。親型金型職人の親分。
田舎いなか 都を遠く離れた土地で金型を作っているところ。 (福島県の泉崎村)
A型、B型、O型、AB型…金型のランクで最高のものがAB型である。