金属光造形複合加工の説明

金属光造形複合加工機は、従来のMCなどによる除去加工と違い、必要量の造形と最小限の切削で、
形状を作り上げます。
金属粉末をレーザーで焼結しつつ、小径工具による切削を交互に繰り返しつつ、造形を行う為、
放電加工や入れ子構造を減らすことが可能です。

金属光造形複合加工機の特徴

  1. 1. 焼結と加工を繰り返す加工法の為、小径刃物が利用でき刃物R(隅Rを)小さく出来る。
    このことにより、入れ子を減らすことも可能です。
    結果、ワイヤー加工や電極による放電加工を減らすことになり、納期短縮・コストを下げることが可能です。
  2. 2. 焼結造形密度の調整による多孔質を利用したガスベント構造の作成。
  3. 3. 水管を自由に配置可能です。
  4. 4. 深リブ構造を電極作成せず、再現可能です。

金属光造形複合加工機だけでの加工が可能ですが、万能ではない為、
弊社では形状や大きさ等により一番ベストな加工法を選択します。

光造形システムメーカー:株式会社 松浦機械製作所